コラム

*

歯医者が嫌いな人こそ歯医者に通おう!!

タイトル・・・なんだか矛盾しているように思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

歯医者が嫌い!!!といわれる方に多いのが「怖いから」と「痛いから」という理由。

この二つ、実はあなたが歯医者を遠ざけているがためにそう思うのです。

 

なぜかというと、まずひとつめの「怖いから」というのはきっと歯科医院で

「何をされるかわからないから怖い」のだと思うのです。

当院ではそのような気持ちを少しでもやわらげるために治療の前にはしっかり説明することを心がけていますが、それでもきっと初めて歯医者に来た、という人は怖いはずです。

その怖い中でとても長〜〜〜〜〜い治療時間がかかるようなことがあったらきっとより恐怖心は増すはず。

しかし、長い時間がかかる治療というのは「悪化しているむし歯・歯周病」のせいであることがとても多いのです。

なので、悪化する前に治療を始めていれば治療時間も治療期間もとても短くすみます

例えば健康なお口の方の歯のお掃除だったら1回来院すればその後は3ヶ月程度来院しなくてもいい場合がほとんど。

それに歯のお掃除なら歯科医院で怖い代表といえるドリルのようなもので削ることはないので、あの「キーーーン」という音もほとんど聞かなくてすみます(歯の汚れ具合によっては歯の汚れをとるために専用の器具を用いるので多少の音はあるかもしれませんが)。

 

つまり、歯医者に通えば通うほどむし歯の治療からは遠ざかれる場合が多く、さらに歯のお掃除ですっきり爽快なお口を手に入れることができるので、「怖い」という気持ちは感じにくくなるはず

 

そして、「痛いから」という理由も前述のようにむし歯が悪化しているものの治療はやはり痛みが出るといわざるを得ません。

大きなむし歯になればなるほど口を開けている時間も長くなります。

例えば歯の方をとるような場合、ピンク色をしたねんどのようなものを口の中にいれなければならないのですが、これがとてもしんどい💦

綺麗な被せ物を作るために必要な工程なのですが、型がうまく取れない場合などは取りなおさなければならないこともあります・・・

さらに麻酔が必要な治療を行った後などは、麻酔が切れると当然痛みが出ることがあります。

悪化して化膿している場合などは膿が出てきたり腫れたり・・・ということは治療の過程上起こり得ること。

むし歯や重度の歯周病の治療は治療完了までとても大変なのです。

 

そしてあなたはきっとこう思うかもしれません。

「こんなに痛いならもう行くのをやめよう」と。

これ、一番最悪なパターンです。

治療を途中で勝手に中断すると、取り返しのつかないことになる場合があります。

例えば先の話であった型取りの治療を途中で中断したとします。

仮の詰め物がされているのでもしかしたらしばらくは問題なく過ごせるかもしれません。

しかし、痛みが出たり仮の詰め物が取れたり・割れたりすると、前回型取りをして出来上がってきたものはもう使えないかもしれません。すると再度型取りからやり直し。

もっといえば治療自体をやり直してまた削るところから始めるようなことにもなりかねません。その自体は絶対に避けたい!!ですよね?

 

やはり歯科医院になるべく通いたくないならば

定期的に来院していただくことをお勧めします。

やっぱり矛盾しているように感じますかね?💦

 

あなたの足が遠ざかる原因には私たち歯科医院側にも問題があることと思います。

そよかぜ歯科クリニックも安心・安全な治療や痛みの少ない治療、待ち時間の短縮などの努力を今後とも続けてまいりますのでぜひ一度ご来院ください。

 

私たちと一緒に働きませんか?「採用情報」

ページの先頭へ戻る