クリニック紹介

インターネット予約フォーム

歯並びの無料相談 受付中 子どもの矯正など、歯並びに関するお悩み・相談にお応えします。

妊産婦歯科健康診査実施医療機関 歯周疾患検診実施医療機関 その他、事業所歯科健診など各種検診を承ります。

診療のご案内

求人情報 そよかぜ歯科クリニックでは共に働くスタッフを募集しております。

クオキャリア 求人情報

モバイルサイトQRコード

患者の気持ち

クリニックブログ そよかぜ歯科クリニックのつぶやき

そよかぜ歯科クリニック オフィシャルfacebook

院内紹介

右下のボタンか下の小さな画像をクリックすると大きな画像が切り替わります。

機器・設備紹介

CT

CT

今までのレントゲンでは平面でしか撮影出来なかったお口の中を立体的(3D)に撮影することが可能になりました。

CT撮影をすることにより、平面のレントゲンではわかりにくかった骨の厚みや歯の根っこの状態、埋伏歯(まだ生えてきていない永久歯や過剰歯など)の状態や位置、歯周病の進行状況、神経の位置などを正確に把握することができ、診査・診断の精度が増します。

立体的に撮影することにより、今まで見えなかった部分を見て診察することが出来るので、今までは原因不明とされた痛みや不調もCT撮影をすることで、その原因が把握できる場合もあります。例えば副鼻腔炎とよばれる副鼻腔に膿が溜まることによって歯などに痛みが起こる症状は平面のレントゲンでは炎症の程度や位置を正確に判断することが難しいとされていました。そのため歯の痛みを感じているのに歯には問題ないため適切な処置が行えない……というような場合もCT撮影をすれば原因を把握することが出来るのです。

また、インプラントや歯科矯正など歯はもちろん、顎や骨の状況を正確に把握していなければ治療が出来ないものにおいてCT撮影は必須です。CTがない歯科医院ではCT撮影のために大学病院など大きな病院へ紹介せねばならず、患者さん側にも手間や負担が増えるのですが、当院では院内でCT撮影が行えるので術後すぐに状況を確認することも可能。より安全・安心していただけることと思います。

CTの被ばく量はごくわずかであり、東京⇔NY間の被ばく量よりも少なく、医師の管理のもと行われるので安全性が確保されています。

従来の平面レントゲンとCTの違いは?

従来の平面レントゲンとCTの違いは?

平面レントゲンは本来立体的であるお口の中を平面になるように撮影するため、前歯から奥歯までが一列に並んでいるような形になります。そうなると前後が重なり合っていたり細かな部分は正確に映らなかったりするので、診査・診断にあたる術者は立体図を想像し治療しなければなりません。

CTはお口の中の状況をより正確に再現することができるため、お口の中の実際の奥行・歯の位置をはじめ、歯の表側・裏側にいたるまで確認することが可能となります。そこに術者の想像は必要ありません。客観的な事実に基づいて診査・診断し治療のあたるため、精度の高い治療を行うことが出来るのです(特に手術が必要となるインプラント治療やわずかなズレやすきまを治療していく矯正治療においてはお口の中をより詳しく正確に把握しておくことがリスク回避には必要不可欠です。例えば、神経の位置を正確に把握できていない状況での治療は、術者の経験と勘に頼ることになり神経を傷つけてしまうようなことが起こらないとも限りません。CTを導入している歯科医院はまだそれほど多くはありません。もちろんそれらの医院でも治療は行われていますが正確さ・安全性などを考えればリスクは大いにあるといえるのではないでしょうか)。

マイクロスコープ

マクロスコープ
患者さんもテレビ画面を通じて、お口の中を確認することが可能です。

そよかぜ歯科クリニックではマイクロスコープを導入しています。マイロスコープとは手術用顕微鏡のことをいい、元々は外科手術に用いられていたもので肉眼では確認できない位ほど細かなものも見ることが可能です。拡大倍率はなんと20倍以上!肉眼では見ることの出来ないものが大きくはっきりと確認できるようになりました。

マイクロスコープを用いない治療は肉眼で確認できない部分は術者の勘や経験を頼りにすることになり、医者によって治療の差を生む原因となっています。原因を確実に取り除くことが出来ず、再発の可能性を高めているともいえます。特に根管治療と呼ばれる歯の根っこの処置は驚くほど細かなレベルでの処置が必要なのですが、マイクロスコープなら拡大して確認することが出来るので術者の勘や経験に頼ることなく、正確で確実な処置を行うことが出来ます。

歯科治療において、出来るだけ歯を削らない・神経をとらないという「最小限の介入(ミニマルインターベーション)」という考え方が主流であり、必要最小限の治療を確実に行うためにはマイクロスコープの利用は不可欠です。なぜなら正確に細部まで確認しなければ、なにが必要な処置なのか判断することは絶対に出来ないからです。

マイクロスコープの主な利用方法
当院で使用しているマイクロスコープについて(OPMIpico)

当院ではマイクロスコープの最高峰であるカールツァイス社の製品を採用しています。カールツァイス社のマイクロスコープは操作性がよく、映像の美しさが他の製品とは違います。他のマイクロスコープでは操作が難しく見えづらかった部位でも操作が容易であるため、術者の治療の妨げになることがありません。

また、アポクロマートレンズと呼ばれる赤・緑・青すべての収差を取り除くレンズを使用しているため拡大しても画像がぼやけることなく鮮明で、ブレることがないので処置したい部分を正確に映し出すことで精度の高い治療を行うことが可能となります。マイクロスコープを使っているかは歯科医院選びに大切なポイントですが、どんなものを使っているかも極めて重要なポイントなのです。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

最近テレビで話題のむし歯発見機!!レーザーで測定するので正確にむし歯の状態・進行を数値化します。さらに音も変化するので患者さまにもすぐわかって頂けると思います。
また、ダイアグラノデントを使用することで残せる歯が増えます。

カウンセリング・説明用ツール メドバイザー

メドバイザー モリタ

お子様からご高齢の方まで、誰が見ても・聞いても納得!!を目標に導入しました。大画面でご自身の歯の状態や治療内容・手順を分かりやすく丁寧に説明致します。むし歯や歯周病、矯正、インプラントなど様々な分野に対応しています。
ご不明点や疑問点を残さない治療を目指し、患者様にご満足頂けるまで説明致します!

説明用模型

説明用ツールを使ってもまだまだご不明点がある場合でもご安心ください!
説明用の模型を使います。画面での説明は平面的ですが立体的な模型を使うことによってより理解して頂きやすくなります。

CCDカメラ

CCDカメラ

お口の中の状態をこのカメラを使うことによってテレビ画面に映し出すことができます。
手鏡などで見えない細部を確認して頂けます。

デンタルX

デンタルX

レントゲン写真やお口の写真を一括管理するものです。
初めて診療した時からのレントゲン写真やお口の写真、歯ぐきの状態・検査の結果を管理していきます。この機能を使うことによってお口の歴史が瞬時にわかります。1年前のお口の状態はどんな風だった?や前歯はいつ治療した?などの疑問を解決します。
また、ご要望がございましたらプリントしてお渡しします。(無料です★)

アネジェクト(電動麻酔)

アネジェクト(電動麻酔)

麻酔の注射を打つ際に、圧力によって患者様の痛みは変化します。しかし電動麻酔器はコンピューター制御されているので圧力は一定です。電動化することによって、痛みを抑えて麻酔処置を行うことができます。

表面麻酔(麻酔の注射の前の麻酔)

そもそも麻酔の注射が痛いから嫌だ!!という方がたくさんいらっしゃいます。
痛みに弱い方にご安心して通院して頂くために麻酔の注射の前に表面麻酔をします。
そよかぜ歯科クリニックでは表面麻酔を各種取り揃えています。お好みの表面麻酔を見つけてみてはいかがですか?

カートリッジウォーマー

カートリッジウォーマー

麻酔薬を最も痛みが少ないとされている体温に近い(37℃)温度に温める機械を採用しております。

エアスケーラー

歯石取りの音や振動が苦手な方にお薦めです!!超音波スケーラーに比べて音や振動はかなり軽減されます!!超音波スケーラーで歯石取りをするより少しお時間がかかってしまいますが、あの音・振動が苦手だから歯石取りを敬遠されていた方、是非一度お試しください!

超音波スケーラー

超音波スケーラー

日常で取りきれない歯垢や歯石を超音波で取り除きます。
エアスケーラーに比べて短時間で歯石を取ることができます。
冷たいお水がしみてしまう方にはぬるま湯で施術できます。専用の薬液を入れてお掃除するので歯周ポケットの洗浄には一番効果があるといわれています。

ウェーブワン・プロテーパー

ウェーブワン・プロテーパー

主に根っこの治療(神経の治療)のときに使用します。
神経の治療は何度も通院しなければならないし…特に奥歯の神経の治療は長時間お口を開けっ放しにしていなければならないので神経の治療はとても大変です。
そよかぜ歯科クリニックでは、より確実に!より短時間で治療できるように専用の機械を採用しております。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

お口の中の細菌を見ることができるのが位相差顕微鏡です。
顕微鏡の様子をテレビ画面に映してご覧いただきます。
多くの方が「えぇ~!私のお口の中にこんな細菌がいるの?」と驚かれます。

印象自動練和器(歯型取りの際に使用します)

印象自動練和器

この機械を使うことによって気泡のない型取りを作ることができます。手練りより正確により精密に歯型を取ることができます。

X線セファロ

X線セファロ

矯正治療の診断用に使います。この機械で撮影するとより正確に診断することができます。レントゲンをもとに診断し、治療計画をご提案致します。

真空練和器

真空練和器

この機械を使用して取った歯型をもとに模型を作ります。真空状態で石こうを練和するのでより正確な模型を作ることができます。

ページトップ

Copyright © 医療法人志飛会 そよかぜクリニック All rights Reserved.