コラム

*

歯磨き粉の違いとは?

そよかぜ歯科クリニックはこのように物品販売もしています

 

歯ブラシも歯磨き粉も種類はさまざま。

どれを選べばいいの!?とお悩みになることと思います。

そこで今回は歯磨き剤の違いについてをお話したいと思います。

※今回は当院で取り扱いのある歯磨き剤の一部をご紹介しております。詳しくはそよかぜ歯科クリニックにてお尋ねください

 

まずはコンクール

(画像お借りしております)

コンクールはなんといっても殺菌力を低下させる発泡剤が入っていないことが特徴。

つまり殺菌力が高いということ。

朝起きた時にお口のねばつきが気になる、という方や口臭がきになるという方にもオススメ。

フッ素も入っているので通常の歯磨き剤としてお使いいただくことができます。

 

次にシステマデンタルペーストα

(画像お借りしております)

ステマといえば歯周病予防に特化したシリーズとして知られていますが、こちらもやはり歯周病予防の歯磨き剤としてお使いいただけます。

3つの薬用成分を配合し、歯周ポケットに入り込んだ汚れにまで浸透・殺菌し、歯茎の炎症や出血を抑える効果が期待できます(もちろん適切な磨き方での歯磨きを行うことが前提です)。

 

そしてクリンプロ歯みがきペースト

(画像お借りしております)

こちらは特にむし歯予防に長けた歯みがき剤となっております。

歯は食事をする度に脱灰(だっかい)といって、歯からミネラル成分が溶け出していきます。

この溶け出した成分を再び歯へと戻すことを再石灰化(さいせきかいか)というのですが、こちらの商品はその溶け出した成分と同じものを配合し、さらにフッ素も入っているというのが最大の特徴。

再石灰化促進ができる上にフッ素も配合されているためにむし歯予防の期待大です。

 

それぞれ歯科専売品となっております。

一般品と歯科専売品の違いは、一般品はどなたにも使いやすくある程度使いやすいように作られた物といえます。一方で歯科専売品は気になる部分に特化した効果を発揮できるように作られた物となっています。

正しく使うことで、よりあなたのお悩みを解決しやすいといえます。

 

あなたのお口のトラブルやお悩みが少しでも解決しますように⭐️

これらの歯科専売品も上手に取り入れてお口のケアをしてくださいね。

どんなものが合うのか、どのように使えば効果的なのか、などは当院歯科医師・歯科衛生士が詳しくご説明しますのでぜひそよかぜ歯科クリニックにお尋ねくださいませ🎵

 

2020年2月
1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

私たちと一緒に働きませんか?「採用情報」

ページの先頭へ戻る