コラム

*

シーラントは大人への第一歩

みなさんはシーラントという処置をご存知でしょうか?
6歳臼歯と言われる永久歯はその名の通り6歳ごろ生えてくる大人の歯なのですが、この大人の歯たちは歯の溝がとても深いことでしられています。

(ここでいう歯の溝とは噛む面の凸凹のことを指しています)

 

この溝が深いと、溝に食べカスが入り込みやすく、さらに磨きにくいのです。しかも、その歯が生えてくる頃のお口の中は永久歯と乳歯が混在するとても磨きにくいお口の状況になっています

なぜなら歯の高さが違ったり並びが綺麗でなかったり・・・と綺麗に磨こうと思うとかなり時間も手間もかかるのです
6歳〜12歳頃までは歯の入れ替わりが起こる時期でただでさえ磨きにくいのに、さらに生えかけの歯は磨き残しが発生しやすくむし歯になりやすいというわけ

ここでシーラントの登場です!

シーラントはその生えかけの歯の溝を埋めてしまうことで磨き残しが発生しにくく
歯磨き自体もしやすくする処置のことをいいます
シーラントの予防効果はおよそ6割程度と言われています

もちろんしっかり磨くということが大前提ですよ!

シーラントは絶対に行わなければならない処置ではありませんが、むし歯の予防効果は高いのでオススメですよ!
凸凹の歯はプロの歯科医師や歯科衛生士であっても磨きにくいものです
子どもであれば尚更!!

子どもたちが大きくなっていくにつれ仕上げ磨きをしなくなってしまった!というお子さんなどは磨き残しも増える傾向にあるのでシーラントで歯を磨きやすくしておくといいかもしれませんね

そしてなるべく仕上げ磨きは続けてあげてください

仕上げ磨きは少なくとも小学校低学年の間は続けた方がいいといわれています

その理由は上記のとおり、子どもたちの生え変わり時期の歯はとにかく磨きにくくむし歯になりやすいからです

大きくなって「親の仕上げ磨きなんてやだ!!」というお子さんにはぜひぜひ上記の理由を説明してあげてください

仕上げ磨きをすることの必要性がわかれば、きっと続けてくれるはずです

誰だってむし歯になりたくはないですからね

 

仕上げ磨きは特に寝る前にやるのがオススメ!夜の寝る前のコミュニケーション手段としてぜひ1日でも長く仕上げ磨きの習慣を残しましょう⭐️⭐️

2020年2月
1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

私たちと一緒に働きませんか?「採用情報」

ページの先頭へ戻る