コラム

*

永久歯がはえない?!

皆さんは子どもの歯のレントゲン写真を見たことはありますか?
乳歯の上に次に生えてくる永久歯となる歯が待っている状況の写真は歯がたくさんあってなんだか賑やかな集合写真のように見えるかも!?

しかし、実はその永久歯がないこともあります・・・
永久歯は必ず生えてくるもの、と思われがちですが、実際はなんらかの原因により元々永久歯がない場合もあるのです
その原因は解明されていないので、レントゲンを撮ってみて初めて永久歯がないことに気づくことがほとんど
一本だけない場合もあれば、数本欠損している場合もあります

余談ですが、歯の数は決まっている、と思われている方も多いと思いますが、多く生えてきたり少なかったり・・・ということはあるものなのです!ブログ担当熊谷は、小さい頃に上の前歯の後ろからもう1本前歯が生えてくるという経験がありました。このように多く生えてくる場合は「過剰歯(かじょうし)」と呼ばれます。これも意外とあることです。
不思議ですね😀

さて、話を戻して・・・
永久歯が生えてこないとわかった場合、乳歯を使えるだけ使うというのが対処方法です
乳歯は永久歯と比べて小さく脆いので寿命も短いとされていますので、大事に大事に1日でも長く持たせていくしかありません
もしその乳歯を失ってしまうと、次に生えてくる歯がないのでインプラントや矯正治療など状況に応じて対応していくことになりますが、失ってしまったものを戻したり永久歯が生えてくるようにすることは残念ながら出来ません

よく、乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫、という言葉を聞きますが、実際はそうではありません

乳歯の頃から虫歯になっている子どものお口の中はそれだけ虫歯になりやすいリスクがあるということ
永久歯が虫歯になる可能性は高いといえます
さらに、もしも永久歯がない場合にはとんでもないことになってしまうかも!?
乳歯の段階から・・・もっといえばお腹の中にいる状態の時から(お腹の中にいる頃から歯の元は作られているんですよ)のケアがとっても大切です

永久歯の欠損は原因不明とされていますが、遺伝的な要素も十分考えられます
また、寿命が短いとされる乳歯でも様々なケア・治療によって長く保っている方もいます
気になる方はお気軽にご相談くださいね!

2020年2月
1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

私たちと一緒に働きませんか?「採用情報」

ページの先頭へ戻る