コラム

*

むし歯になりやすい〇〇

子どもは大人が小さくなったもの、とは違う、というのは幼児教育などの世界でよく言われることだそうです。

子どもと大人は似て非なるもの。

乳歯と永久歯も同じことが言えます。

 

乳歯は大人の歯の小さいバージョン、ではないということです。

まず皆さんは乳歯は何歳ごろ何本生えるかをご存知でしょうか?

もちろん個人差はありますが、乳歯は合計20本。上下10本ずつ生えるものとされます。

右左分けると5本ずつ。上下左右を合わせて合計で20本というわけ。

ちなみに永久歯は親知らずをいれれば32本。親知らずは生えない人もいるので、親知らずを除くと28本あるとされます。

 

この乳歯は生後6〜8ヶ月ごろに前歯から生え始めるのが一般的で、その後3歳ごろまでに20本全てが生えそろうといわれています。乳歯の寿命はだいたい6〜10年程度。今までなかった6番目の歯、いわゆる6歳臼歯と言われる奥歯が生え始めるころにひとつ、またひとつと抜けていき生え変わっていきます。

 

というのが一般的なのですが、歯は本当に個人差があるものです。

 

しかし、ほぼ例外なく乳歯は永久歯と比べると柔らかいのでとにかくむし歯になりやすく進行が早いことで有名!!この間の検診ではむし歯はなかったはずなのに、なんだか茶色くなってきているような・・・?ということが本当に起こりえます(茶色くなくてもむし歯ということもありますが)。

 

永久歯になってから大切にすればいいや、と言われるかもしれませんが、永久歯は生え始めがまたとにかくむし歯になりやすいのです。乳歯と永久歯がまざりあって生えている状態は高さもバラバラ、位置もバラバラだったりするので歯科医師や歯科衛生士でも自分で磨くとなったら難しいと言うほど。

 

むし歯になりやすい乳歯と生え始めがむし歯になりやすい永久歯を子どもたちだけで磨いているとしたら・・・

むし歯のリスクはかなり高い状態にある

といえるかもしれませんね。

 

それは早く乳歯が抜けようとまったく乳歯が抜けなかろうと、どの子どもでも言えることです。

 

大人と違うのは歯だけではありません。口の大きさも違うので使う歯ブラシも大人と一緒のものでは大きすぎます。他にも例えば乳歯は綺麗に並び過ぎていない方が今後永久歯が綺麗に並ぶスペースのことを考えるといいとされています。

そんなに隙間があいててもいいの!?と思うような歯並びが子どものうちは理想だったりするのです

 

乳歯と永久歯は似て非なるもの。

ただし、日頃のケアが大切ということはず〜〜〜〜っと変わることがありません

大人になっても必要なケアですから、子どものうちからしっかり習得しておけるよう上手に歯科医院を利用してくださいね!

2020年2月
1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

私たちと一緒に働きませんか?「採用情報」

ページの先頭へ戻る