クリニックブログ

*

歯の掃除をすると歯に隙間ができる!?

「歯の掃除をすると歯茎が下がった!!」とか「歯と歯の間に隙間ができてしまった!!」などと言われることがあります💦

実はこれ、当然といえば当然のことだったりします(もちろん場合によりますが)。

 

正確に言えばそういう風に見えるというだけなのです😓

例えば歯茎が下がったように感じる場合は、実際は汚れがついている状態で歯茎が腫れているような場合に起こります。

歯の汚れを落として綺麗になると歯茎の炎症が治まり、同時に腫れも引いていきます。

これはとてもよいことなのですが、腫れている状態よりもキュッと引き締まった歯茎は下がってしまったように見えることがあります。

 

歯と歯の隙間に関しても同じようなことが言えます。

実際に隙間はできたかもしれませんが、その隙間を塞いでいたものこそ歯の汚れ・・・歯垢だったりします😱😱😱

歯だと思っていたものが実は蓄積された汚れだった、ということはあることです。

蓄積された汚れは通常の歯磨きでは落とすことができないので、歯科医院で専用の器具・機材で対応します。

その結果、隙間ができてしまったように感じるかもしれませんが、当然これもとてもよいことです。

汚れはそのままにしておくと悪臭やむし歯・歯周病などなどさまざまなトラブルの原因となるのですから💦💦

 

実は歯科医院から長らく足が遠のいている・・・という方はもしかしたらお口の中が異常な状態であっても「それが普通」と感じてしまっていることもあるかもしれません

例えば歯磨きをして出血するのは異常なのですが、「多少磨いて血がでるくらい普通でしょ?」とか、噛むと違和感がある・しみる・時々歯茎が腫れるなどなどこれらは原因があることも多いのですが、「まぁ、少しほっといたら治るし🎵」と楽観視されていることも・・・

しかし、本当にそれはほおっておいていいのですか?

 

お口の中は自分で目視して確認することができません。

もしかしたら気づいていないだけでむし歯があるかもしれませんよ。においが気になる、と思われているかもしれませんよ。歯を抜かなければならないような危機的状況なのかもしれませんよ。

 

もちろんそんな状況でないことが望ましいわけで、そういったリスクを避けるためにも定期的に歯科医院に通ってチェックを受けることをおすすめします。

歯茎が腫れたり、汚れが蓄積したり・・・という状況も定期的に歯科医院に通っていれば回避できることも多くあります。

新年度に向けて慌ただしくなる前の今の時期こそぜひそよかぜ歯科クリニックにご来院くださいね🎵

綺麗な口元で春を迎えましょう🌸

 

2024年2月
10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

私たちと一緒に働きませんか?「採用情報」

ページの先頭へ戻る