クリニックブログ

*

3食準備するのが大変な今だからこそ・・・心がけたい「なごやめし」

「なごやめし」といってもここでは味噌カツやきしめんのことではなく、毎日の食事の際、皆さんに心がけてほしいことの頭文字をとったものになります。

毎日の食事の準備に嫌気がさしてくる気持ち、とてもよくわかります!!

だからこそ、テイクアウトやお惣菜、冷凍食品やインスタント食品などは上手く使っていきたいものですね。

こんなときだからこそ、健康がとても大切。

ぜひ「なごやめし」を意識して食事をとってほしいと思います。

 

 

な・・・ならべよう 主食・主菜・副菜

 

ご・・・ごはんは大事なエネルギー

 

や・・・野菜は1日350g以上を目安に

※野菜はビタミン・ミネラル・食物繊維の供給源で体の調子を整える役割があります。厚生労働省が推奨する野菜1日350gは健康増進の観点から考えられた目標数値です。

生野菜で食べようとすると大変なので、温野菜サラダやスープにしてみたり、チャーハンやパスタに混ぜ込んでみたり、ジャムにしてみたり・・・とアレンジしてみてはいかがでしょうか?おひたしなどはレンジで簡単に作れるレシピもあります。例えばごはんにほうれん草のおひたし、ナスや人参トマトを入れたスープ、これで1食完成✨スープは後でカレーにアレンジしたり、お肉を入れて煮込み料理にしたりすればまた違った食事に。

毎食野菜を入れたレシピを・・・と気負い過ぎると大変なので、作り置きを活用したり、ジュースやスムージーで取り入れたり、スープでいろいろな野菜をとった日は他の食事に野菜がなくても🆗と考えるなどある程度柔軟に考えるのもストレスを溜めないポイント。

(ジュースは食べ物よりもむしばになりやすい傾向にあるので、歯磨きはしっかりしてくださいね)

 

め・・・メインは魚・肉・卵・大豆製品

※主菜にはタンパク源となる魚・肉・卵・大豆製品を持ってくることで自然とバランスの良い食事になります。例えばメインをうどんやパスタなどの炭水化物にしてしまうとタンパク質が少なくなりがちなので、意識して調整してみてくださいね

 

し・・・しっかり食べよう朝ごはん

不規則な生活リズムになりがちな今だからこそ、朝はしっかり起きて朝ごはんを食べるようにしましょう。

朝ごはんはなるべく早めの時間に食べるといいとされます。だいたいの人はお昼ごはんは12時前後に食べるはず。お昼に近ければ近いほどメリハリがなくなりますし、お昼ごはんが遅くなったり食欲がわかなかったりするはず。

朝ごはんをしっかり食べるために夜ごはんを早めに済ます・軽く終わらせておくということも大切かもしれません。

 

「なごやめし」を意識しながら楽しく食事をとりたいですね。

食べた後は歯磨きもお忘れなく🎵

2024年2月
10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

私たちと一緒に働きませんか?「採用情報」

ページの先頭へ戻る