クリニックブログ

*

間食は計画的に!

日に日に春めいていきますね🌸今年はGWが長いので、当院も少し長めにお休みをいただく予定です。

(当院のお休みは別途ご案内もしますが、4月28日〜5月6日までとなっております。4月27日の土曜日は当院は診療予定ですのでぜひご利用ください)

お休み期間を楽しく健康に過ごすためにも、気になることがあればお早めに連絡くださいね!
歯科医院のご利用はぜひ計画的に⭐️

そしてそれは食事、とくに間食にも言えることです

ダラダラ食いは良くない!というのは良く言われることです
歯にとってもダイエットにとっても天敵ですよね

なぜダラダラ食いが良くないのか
歯のことに重点を置いてお話ししたいと思います

 

まず、食事の回数が増えるとその分だけ歯の溶ける回数が増えます
人は何かを食べるたびに見えない範囲で歯が溶け出しているのです
通常は唾液の効果で溶け出したカルシウムやリンが元に戻っていくのですが(再石灰化)食べている時間がその速度を上回るとドンドンドンドン歯が溶け出し
むし歯になってしまいます

例えばみんなが大好きなチョコレート❤️
これも同じ量だとしても短時間で食べる場合と、ダラダラとず〜〜〜〜っと食べ続けている場合とでは後者の方がむし歯になるリスクが高いと言われています
同じものを食べていても食べ方が違うだけでむし歯のリスクも変わってくるのです

ということは
ダラダラ食べている=むし歯のリスクをあげている
ということ

食事の基本は1日3回、時間を決めて食べること
間食は極力しないのが理想ですが、小さい子どもなど必要な場合もあるので
その場合も時間を決めていつまでも食べ続けているようなことがないようにするのが
むし歯リスクを下げるためには必要です

とくに間食はできるだけ甘いものや柔らかいものではなく
砂糖をつかっていないようなもの・・・例えば茹でた野菜などを選ぶのが望ましいです
とはいえ、毎日甘いものを食べない!!というストイックな生活は
心の健康にはあまり良くないでしょうから
甘いものを食べるときは食後必ず歯を磨いたり、飲み物はお茶やお水を選ぶようにする
食事の中に組み込んでしまって食事の回数・時間を抑えるなど
食べ方に工夫をするといいですね⭐️

 

当院では小さな子どもさん向けに歯科衛生士による歯磨き指導はもちろん、管理栄養士考案のおやつのレシピをご提案や食べ方のアドバイスなどを受けられる食事指導も受けることができますのでぜひご利用ください。

 

美味しいものを我慢せずに適量、美味しく食べて歯の健康も守る!それが理想の形です
その理想はまず歯が健康でなければ成し得ないこと
食べることを考えるときには歯のことも同じように考えてみてくださいね🎵

2024年2月
10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

私たちと一緒に働きませんか?「採用情報」

ページの先頭へ戻る